ビジネススキル研究所公式ブログ

株式会社ビジネススキル研究所公式ブログ。鶴田 慎一 主宰。営業研修/ビジネス講演/社員教育/社員研修/方針発表会/各種講演に関する最新情報など。営業マインド強化合宿の情報も。公式Facebook

改善マインド

【 改善マインド強化セミナー 】

先日、【改善マインド強化セミナー ~改善提案力の基礎を身につける~】のスライド準備をしていると書きましたが、PPT約70枚のスライドが完成しました。
長年製造現場や営業等の改善活動に携わってきた中での、現場改善活動や講義内容などを一日セミナーにまとめたのですが、新人・若手社員必修の生産性向上スキルの強化にご活用いただけます。
世界でも当たり前に通用する国際共通語である[KAIZEN]は、「悪いところ・劣ったところを改めて、良くすること」です。
製造部門だけでなく営業や総務・経理などのあらゆる部門の「生産性向上」のためには、まず社員の「改善マインド」を強化していくことです。
改善に手を抜く企業は、他社の進化によって相対的に自社のレベルが低下していきますから、「攻めの改善」企業風土に浸透させていかなければなりません。
社内研修、Zoomでのオンライン開催も可能です。以下レジュメを掲載しますので、是非ともご確認ください。


新人・若手社員必修の生産性向上スキル

改善マインド強化セミナー


~ 改善提案力の基礎を身につける ~


【 対 象 】

新入社員から入社10年未満の若手社員。
製造担当者のみならず、部門を問わず「改善提案力の基礎」が身につきます。

【 セミナーのネライ:講師からのメッセージ 】

改善力」は製造部門のみならず、営業・総務・経理などあらゆる部門で「生産性向上」のために重要な役割を持ちます。
経営環境が激変していく中、若手社員の業務改善力を伸ばして、「変化対応力」を鍛えていかなければなりません。
いかに早期に新人・若手社員の現場力・改善提案力を成長させるかは、企業力強化の大きな課題ですので、営業など製造部門外の社員の生産性向上スキルの底上げにもご活用ください。
本セミナーは製造業務改善をベースにしながら、各業務に対する改善力強化を推進する内容で、パワーポイントのスライドショーとワークを交えながら、分かりやすい解説で進行していきます。
移動のロスタイムなし・交通費・宿泊費なしで、経費的にもお得なリモート・セミナー受講が可能です。Zoomにて、会議室での受講や在宅ワークの皆様にも受講いただけます。

セミナー・プログラム 

Ⅰ.改善マインドを強化しよう

 1.改善とは何か
 2.改善に取り組む価値観とは
 3.業務とは
 4.「何を」「なぜ」改善するのか、明らかにする
 5.仕事の判断は、重要性と緊急性の2つの観点
 6.管理と改善の違い --- 改善は、間違いなく企業力をアップする
  (1)「改善」は攻め、「管理」は守り。どちらも重要
  (2)2つのW(What、Why)を、改善を実施する際に明確にする
  (3)現状とあるべき姿のギャップから、改善対象(What)と改善目標(Why)を決め、Should(すべきこと)、Will(したいこと)、Can(できること)の3つを重ねて考える
  (4)現状把握とは、ありのままの業務を「見る」ことと「計る」こと
  (5)どのような切り口で業務を分解するか
  7.危険予知(KY)活動も重要な改善活動
  (1)危険予知(KY)活動の目的
  (2)KYK(危険予知活動)とKYT(危険予知訓練)
  (3)ハインリッヒの法則(労働災害における経験則)

Ⅱ.ライン生産方式とセル生産方式
  (1)ライン生産方式の特徴
  (2)セル生産方式の特徴

Ⅲ.標準作業の3要素
 1. サイクル・タイムとは
 2.作業手順とは
 3.標準手持ち(てもち)とは
 4. サイクル・タイムとタクト・タイム

Ⅳ.労働生産性とは
 1.生産性(Productivity)とは
 2.物的労働生産性・価値労働生産性・付加価値労働生産性
 3.稼働率と可動率
 4.動作改善とモーション・マインド
  (1)作業場所の配置についての8原則
〔原則1〕定位置〔原則2〕正常作業範囲〔原則3〕モノの人力移動〔原則4〕重力利用〔原則5〕最も都合の良い位置〔原則6〕立ち作業、座り作業〔原則7〕採光および照明〔原則8〕温度、湿度および風通し
  (2)サーブリッグ(Therblig:動作要素)18の基本要素
作業に必要な8動作・作業を遅らせる5動作・作業に不必要な5動作
 5.設備、工具の設計についての7原則
 6.設備改善とは
 7.ムダ取りの方法 : 「ムダ」は「見えない、分からない」「目で見えないものは改善できない」
 8.徹底的に「5S推進」

2021.3.22.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝

経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導を承ります。
スキル教育と併せて「立志」「仕事への使命感」「社会正義」など、ビジネスパーソンとしての根幹を強くする社員教育にも注力ください。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp

「友達リクエスト」も、「いいね!」「シェア」もお待ちしています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
[鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【改善マインド(Improvement Mind)】

つい先日の大雨被害の復旧もままならない時に、台風12号が各地に大きな爪痕を残し、未だに迷走中です。
被災者の皆様に心より御見舞い申し上げます。


とんでもない猛暑・酷暑が続いてきたのに、実のところこれからが一年で一番暑い時期となります。
つい先日の41.1度という観測史上最高気温の記録が、あっさりと更新されるような嫌な予感がしています。
ご高齢者や障害をお持ちの方をはじめ、周囲のあらゆる方の熱中症対策に貢献するためには、他人に対してもっと「お節介」になることだと思います。
お節介のさじ加減や相手の気持ちなどを考えないと、良かれと思った「お節介」は「大きなお世話」にもなり兼ねませんから、もっともっとマインドワークを磨いていきましょう。


さて数日前の事、事務所のそばに新設されていた飲料の自動販売機、どこにでもあるものですが、思わず「えっ?!ナニこれ?」。
20180729_174456









設置場所はビルのエントランス横で、奥から手前に向けて傾斜があります。
傾斜を水平にするために、スチール製の台に載せてアンカーで固定しています。
身長182センチの私でも、最上段の飲料は買い難そうな高さです。
子供や小柄な方であれば買うのを諦めた方が良さそうですが、それを是正しようとしたのかコンクリートブロックの踏み台を置いています。
不安定な形状でしかも固定していないので、乗ってみるとグラグラと動きますから、かなりの高確率で転ぶ人が出てきそうです。

何をどう考えてこんなことになったのか、業者さんに聞いてみたい気がします。
否、考えていないからこそ、こんなお些末なことをやってしまうのでしょう。

地震で大きな揺れがあれば、たまたま前にいた人や車などが下敷きになるでしょうし、後ろ側ならば自販機の後ろの窓は大きな損傷を受けるでしょう。
平常時でも、踏み台が動いて転倒する人や、無理して台に上って転落事故に遭う人も出てきます。
かなりの高さですから、飲料を補充するベンダーの担当者の負荷も大きくなります。
「普通に考える」ことができれば、回避できることばかり。

事故ともなれば、PL法(Product Liability:製造物責任)による損害賠償は言わずもがなです。
もしも「PL保険に加入しているから大丈夫」なんて思っているのであれば、企業経営としては末期的な症状です。
改善マインド(Improvement Mind)を持たなくては、本来の仕事以外のトラブル処理に振り回されることでしょう。


改善マインド(Improvement Mind)を醸成するためには、モーションマインドやサーブリッグなど極めて基礎的な改善のセンスを、社員教育に盛り込むことをお勧めしたいと思います。
新人や若手社員のみならず、幹部・管理職にも「気づきの力」が足りないと、前述のようなことが起きてしまうのです。
日常の仕事で「小さな違和感」・「小さな疑問」に対して不感症にならないように、改善マインド(Improvement Mind)を磨いていき、それを少しずつ高度化させていくというのも「教育の改善」でしょう。
「凡事徹底」してこそ、「非凡な改善力」が身に着くものです。

明日から8月、兎にも角にも最酷暑シーズンですから、どんなに熱中症対策をしていても、ついボーッとしての「ヒューマンエラー」も発生しやすくなります。
いかに啓発活動や注意喚起をしていても、注意力や意識が散漫になることは多々起こり得るものです。
予防策の大前提に、「人間は間違える」ということを踏まえなければなりません。
一層気を引き締めて、管理者の皆さんは「言いっぱなし」の指示にならないように、社員にとっても企業にとっても悲しい労災事故を予防していただきたいものです。

2018.7.31.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook]
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ