ビジネススキル研究所公式ブログ

株式会社ビジネススキル研究所公式ブログ。鶴田 慎一 主宰。営業研修/ビジネス講演/社員教育/社員研修/方針発表会/各種講演に関する最新情報など。営業マインド強化合宿の情報も。公式Facebook

人間関係力

【 『日刊ゲンダイのブックレビューに拙著掲載』 】

11月11日に拙著『師・寅次郎と主君・慶親~幕末を疾走した男と維新を果たした名君~』のブックレビューが本の画像入りで掲載されました。
コンパクトな記事の中にも、しっかりと内容を凝縮していただいていました。
ゲンダイ

画像では読み辛いかも知れませんので、以下に全文をご紹介します。

『師・寅次郎と主君・慶親』  鶴田 慎一 著
【 極貧の下級武士の次男として生まれた寅次郎(吉田松陰)は9歳で山鹿流兵学を修め、長州藩の藩校である明倫館で年上の藩士に兵学を教えるほどの天才だった。
 主君の毛利慶親は養子だったが、銀8万貫にも上る借金を抱えた藩の財政を再建した名君だった。
 家老から寅次郎の噂を聞いていた慶親は、領地に帰国した際に寅次郎に御前講義をさせ、その才を認めて寅次郎の弟子となる。
 後年、松陰が安政の大獄で井伊直弼に捕らわれそうになったとき、慶親は長州藩の獄に入れるという奇策で松陰を救った。
 松陰の死後、慶親は松陰の策を入れ、薩摩藩との同盟を進めて倒幕を目指す。
 固い信頼で結ばれた主従の絆を描く歴史小説。
(日本橋出版 1600円) 】


先日ある会社の研修で、事前に課題図書として私の6冊(中国語版含む)の著書の中から自由に選択をして、感想文を提出していただきました。
寅次郎以外の本を読んだ参加者が研修後のレポート(一部抜粋)に、『しまった。寅次郎を読んでおけば、もっと価値観への理解が深まったはずだ。そうすれば良かった。すぐに買って読もう。もともと読書の習慣がなかったが、本を読むことがいかに教養に直結しているかがよく解った。これからは読書を生活の一部にしよう。』と書かれていました。
正に『「気づき」の大切さに気付いてくれたこと』が、とても嬉しい出来事でした。
まだ若い彼は、きっとどんどん頭角を現してくるでしょう。

全く向上心のない人はいませんから、放っておいても多少の成長はするものです。
このことを私は「スパイラル・インプルーブメント」、つまりその場に留まっているようでも螺旋階段を上るように少しずつ向上していくと言っています。
しかし「気づき」があり、それを「実践した時に、人は成長のエレベーターに乗り、数階上まで進む」ことができるのです。
教養や雑談力は、仕事力もプライベートの人間関係力も向上させてくれるのです。
さあ、是非とも読書で成長のエレベーターに乗っていただければ幸いです。

拙著『師・寅次郎と主君・慶親』~幕末を疾走した男と維新を果たした名君~(日本橋出版 星雲社発売)、【あらすじ】もアップしていますので、是非バックナンバーをご参照の上お読みいただければ幸いです。
また、Facebookの書籍画像の「シェア」も是非とも宜しくお願いします。

#吉田寅次郎 #吉田松陰 #毛利慶親 #毛利敬親 #長州藩

2019.11.21.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝

【講演テーマ (例)】
『幕末・明治武士道列伝に学ぶ現代人のビジネス』
『武士道精神・士魂商才:ビジネスの王道』
『幕末三舟と西郷隆盛に学ぶ人間学』
『吉田松陰・毛利敬親 ~志とは何か~ 』
など、歴史に学ぶビジネスの要諦など、講演受付中です!
「立志」「仕事への使命感」「社会正義」など、ビジネスパーソンとしての根幹を強くするものです。

経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」も、「いいね!」「シェア」もお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

人間、生まれ持った運、云わば「天運」というものがあります。
これは努力の領域を超えたもので、誰しも一生涯「ツキっ放し」も「ツキに見放されっ放し」もないと思います。
「ツキ」とは人生の中で起こる「ラッキーな偶然」であり、「統計学的な一瞬のハマリ」とも言えます。

しかし、「ツキを呼び寄せるような生き方」もあるのだと思います。
言わば「人運」、「感性」「人間性」「人間関係力」を高めていくことで、ツキを高め合う人との出逢いが生まれるような気がしますし、その出逢いを大切にしていくことが、自分の運を高める生き方になるのだと思います。

「感性」とは、「感じる力」というよりも「生命力」に等しいと思います。
鈍感はいけません。「ツキ」から見放されること必至だと思うのです。

「感性」「生命力」を高めるには、「マメ」であることで、私がいつも言うのは【マメ3原則】で、「気が付く」「気が利く」「気に留める」です。

そして、何かに「気が付く」と、最善の「気が利く対応」を即考えて、即行動に移す。
その経験値を積み上げ続けて、人様のお役に立てる人間であり続けたいと常に心に留め置くのです。
仕事ができる人ほど「マメ」で、そして「アジャイル(機敏)」なのです。

最近、小さな「ツキ」を感じることがいくつかあって、しょっちゅう「おー、ツイてるなー!」と口に出しています。
勿論、ムリムリに言っていることもありますが、それはいつも私が言っている「ムリポジ(ムリムリ・ポジティブ)」で、「よし、結果が最悪でないとしたら、やっぱりツイてるなー!」ということになります。



そんなことを考えていたら、25年ほど前に書いた原稿のことを思い出しました。
題して、【「ツキ」のメカニズム】です。
ちょっと掻い摘んで書きますと、

Ⅰ.プラス発想型人間
あらゆることを「良い方」に考え、常に「感謝」することを忘れず、「良いこと・良くなること」を想像し、プラスに発想して、「自分はツイている」と思えること。

Ⅱ.素直・肯定型人間
過去の経験や知識だけで物事を決めつけたりせず、どんなことも一度は素直に受け入れ、無暗に人の意見を否定したり、嘲笑したりしないこと。

Ⅲ.勉強好き、挑戦好き、セルフ・モチベート型人間
新しいことへのチャレンジ、未知の分野を知ること、「知識欲」だけでなく「知恵を養う」ことで、自らの「ヤル気」に動機づけをしていくこと。

Ⅳ.明るく謙虚で、威張らない人間
人柄が謙虚で温厚いつもニコニコ、誰に対しても威張らないし、差別意識がないこと。

Ⅴ.長所伸展型人間
他人の短所ばかりに目が行かず、批判・否定・非難はほとんどしない。
反対にいつも他人の長所にすぐ気づく目を養う。
そして、自分や他人の長所を伸ばすことに全力を尽くしていくこと。

Ⅵ.自助・自責型人間
部下や他人に任さねばならないことや、任せた方が良いことは任せるが、リスクや責任は自分で被る。何事も決して「他人のせい」にしない。
自己犠牲を厭わず、他人を当てにしないで、「自助」と「自責」を常に前提として、他助に喜びを感じていくこと。

Ⅶ.辛抱・執念型人間
喜んで苦労をすることは難しいが、少なくとも耐えることをあまり苦にしないで、目標を定めたら、達成できるまで、執念を持ってくじけず、アタックを続けること。

Ⅷ.着実・バランス判断型人間
絶えずマクロな判断力で、「森」を見てから「木」を見て、「枝」「葉」に移るバランスある判断をする。
感情の安定と、自己制御心も持ち、同時に着実な実行力を磨くこと。

Ⅸ.強気・負けん気・思いやり型人間
人との関係において、二十代末までは強気で生き、三十代から四十代前半にかけては強気・負けん気をミックスして生き、四十代後半以降は、強気・負けん気に思いやりもミックスして生きること。

Ⅹ.秩序維持型自由人
本来、自由が好きで統制や管理は大嫌いだが、約束したことや秩序維持のために必要と判断したことは必ず守るという高教養人の特性を持つ。



面白いことに、この「つく」特性を多く持っている人ほど、人相が良く、明るく、しかも温かいと感じます。
私もこの年になって、まだまだ人生という「自分磨きの旅」に邁進していきたいと思っています。

「まだまだダメだ」とか、「もうダメだ」とか、「自分には無理だ」などと言わずに、「ツキ」のメカニズムを手に入れていきましょう。

「忘年会」は「望年会」と書き、「新年会」は「信念固めの会」に変えてもいいですよね。
どんどんポジティブにリフレームしていきましょう!
いよいよ年の瀬ですが、2017年をもっともっとチャレンジングで、エキサイティングな年にしていきましょう!



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木) ルートイン東陽町
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン五反田(日程・会場変更)
7月コース 7月21日(金)~23日(日) ルートイン五反田(会場変更)
9月コース 9月15日(金)~17日(日) ルートイン五反田(会場変更)
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン五反田(会場変更)
まずはお電話でお問合せください!

2016.12.8.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ