ビジネススキル研究所公式ブログ

株式会社ビジネススキル研究所公式ブログ。鶴田 慎一 主宰。営業研修/ビジネス講演/社員教育/社員研修/方針発表会/各種講演に関する最新情報など。営業マインド強化合宿の情報も。公式Facebook

クレーム

【 恥を知れ!せこい日本人! まだまだいる素敵な日本人! 】

先日、行きつけの焼き鳥屋さんの店長の嘆きを聞かされました。
数日前、20代の女が会社のユニフォーム姿で来店し、「私、コレは飲んでいないし、コレとコレは食べていませんから、返金してください。」とクレームをつけられたそうです。
店長は1ヶ月も前の明細書を差し出されてびっくりしたものの、日数が経っているので記憶もなく、止む無く自腹で1500円ほどの返金に応じたそうです。
「気分が悪いから、さっさと自腹で金を渡して帰そう。」と思ったそうですが、女はそこに追い打ちをかけて、「外税でしょ!消費税も返してください!」と言ったそうです。
ひと月も経ってからのクレームですから、きっとアチコチでやっている常習者のようです。

予約サイト経由でホテルの無断キャンセルを繰り返して、190万円分のTポイントをせしめたというとんでもない親子の事件も起きましたし、11/27に書いた飲食店の無断キャンセルといい、嘆かわしき日本人のモラル退廃です。
「酷い目に遭ったなー。これからは、
『社長の決裁をもらいますので、会社名や名前・電話番号を教えてください。私、すぐに始末書を提出して、一両日中にご返金します。』
って言えば?!名前も言えない相手ならクロだよな。どうせそんなせこいグレーゾーンのことをやる輩はもう店には来ないから、勇気を持って斬り捨てる方がいいよ。」
と言ったら、焼き鳥屋の店長の嘆きに更に火が付きました。

「先日5人組のお客さんが来たんですが、飲み始めたところに同僚5人組が入ってきて、隣のテーブルに座ったんです。お会計はご一緒でいいですか?って聞いたら、別々にしてくれと言われたので、分かりましたと答えたんですよ。
ところが、乾杯の後でいきなり席替えを繰り返しながら、どんどんお替りのドリンクの注文が来て、注文のあったテーブルに付けていったんです。結果的に片方のテーブルが二十数杯でもう一方が十数杯だったんです。
お会計の時に二十数杯組のテーブルの人が、
『俺らはこんなに飲んでねーよ。十杯分引け。』
って言うので、では十杯分をお隣のテーブルに訂正させていただきますって答えたら、
『俺たちもそんなに飲んでねーよ。』
とゴネ続けられたんです。他のお客さんもいたので、渋々応じざるを得なくて、ドリンク10杯分の損害ですよ。」
私は「そいつらも確信犯の常習犯だな。これからは会社を突き止めなきゃならんねー。会社にバレるとなると急に態度が変わる奴だよ。」と答えましたが、罪も恥も気にしない日本人だらけになってしまいそうなことばかり起きています。
最早性善説ではなく、性悪説で自衛策を講じておく必要があります。

20200113_194323腹立たしい話ばかりでは、読んでいる方も気分が悪いでしょうから、捨てたものじゃない日本人のお話も書いておきましょう。
先日、妻の誕生日に上野のイタリアンのお店に行ったのですが、近くの席に初老の紳士・淑女の20名の団体さんがいました。
何かのサークルの飲み会なのかなと思っていましたが、大人数でも騒がしくもなく、正にLadies and Gentlemenです。
このお店は予約の時に「妻の誕生日です。」と伝えておくと、食事の後に「HAPPY BIRTHDAY!!」とチョコレートで書かれたデザートプレートが、花火を煌めかせながら出してもらえるのですが、そこまでならよくあるサービスですね。

心震える感動は「予期せぬ感動的な出来事」にあるのです。
デザートプレートが運ばれるのを見るや否や、その団体さんの中のロマンスグレーの素敵なご婦人が駆け寄ってきて、「HAPPY BIRTHDAYを私たちにコーラスさせてください。お名前教えて。」と。
即座に彼女は仲間に名前を伝え、20人全員が一斉に立ち上がって、「HAPPY BIRTHDAY TO YOU ・・・・・・」と見事なハーモニーで歌ってくれ、最後に口々に「おめでとう!」と祝福してくれました。
まだまだ素晴らしい日本人もたくさんいます。
後で聞いたら、なんと彼らはプロのミュージシャンの集まりでした。
プロのエクセレントなハーモニー、素敵すぎるプレゼントでした。

2020.1.29.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
#吉田寅次郎 #吉田松陰 #毛利慶親 #毛利敬親 #長州藩
【講演テーマ (例)】
『幕末・明治武士道列伝に学ぶ現代人のビジネス』
『武士道精神・士魂商才:ビジネスの王道』
『幕末三舟と西郷隆盛に学ぶ人間学』
『吉田松陰・毛利敬親 ~志とは何か~ 』
など、歴史に学ぶビジネスの要諦など、講演受付中です!
「立志」「仕事への使命感」「社会正義」など、ビジネスパーソンとしての根幹を強くするものです。

経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」も、「いいね!」「シェア」もお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【目指すは「勝利の女神を微笑ます企業体質」:「全社一丸営業体制の構築」】

私は仕事で月に最低2度は温泉に泊まります。
露天風呂やたまには足湯も楽しんだりして、仕事の合間の小さな楽しみです。
足湯に浸かっている画像はレアだと思って、貼り付けてみたものの、やはり我ながら何気に(真っ向から)気持ち悪い「オッサンの足」でした。(醜いものをお見せして、失礼しました)

DSC_0366








最近、「フェイスブックさんから友達リクエストです」などという迷惑メールが、何回か届きました。
何でもかんでも成りすまして、悪事を働こうとは実にけしからん輩です。
「フェイス」で、友達の輪を拡げたいなどと思ったら、またそこを狙いにくるというワルの悪知恵。
皆さんもどうかお気を付け下さい。



つい最近、友人の息子と二人でお酒を飲む機会があって、彼にいろいろと先輩の訓を垂れておりました。
「世の中は大多数の善人と一握りの悪人で成り立っている」、「だからこそ善人側の一員として、正義を貫くんだ!」、「何を以って成功の人生とするかは、人様のお役に立って、人様から感謝されて、それがしっかりと自分の生活を成り立たせてくれていること」などと色々と能書きを語っていました。
彼はとてもピュアで真面目な男で、それからしばらくメールのやり取りが続いています。



世の中には、人を傷つけることを何とも思わず、人様を騙して詐欺を働き、金になるのならどんな悪事でもやるという悪人がいます。
爪に灯を燈して、老後のために備えた「命の一部とも言えるお金」を奪い、平然と夜の街で豪勢に遊んでいる者もいます。
時折、羽振りのいい若者を見ると(みんながそうではないでしょうが)、つい疑いたくなります。


あんな奴らでも、毎日の朝礼を厳格に行うそうです。
どっちみち詐欺師の集まりには、労働基準法も何も関係ないのですが、遅刻者には金の配分を大幅に減らすなど、重いペナルティを課すそうです。
朝一番から「騙す作業」をしっかりやらすためです。
厳しい罰則と美味しいインセンティブで、とにかく見込客の母数を増やし、それに成功率を掛ければ、成果(と呼びたくはないけど)の予測は成り立つ。


原理はまともなビジネスでも大きくは違わないのですが、根本の価値観と理念・哲学が腐っているのです。
『思念は業をつくる』と言います。
根本的な強い思いは、それを成し遂げるための原因をつくる。
正しい価値観によって形成された思念は、成功への道筋を現していきます。
善悪に応じて、必ずその報いを受ける「因果応報」---今まで犠牲になった人たちの悲しみや絶望をわからせてやりたいものです。



人は、ビジネスで「命の次に大切なお金」と「価値」を交換しています。
価値を提供できないビジネスは、存続不能ということですし、大した価値がないけど価格はとんでもなく安いとなれば、結局は労多くして儲けなし。
「儲」という字を分解してみると、
「人」「諸」---人が諸々の努力をして、価値を創り出し、儲けを生み出していく「マーケティング」を行う。
「信」「者」---我社が生み出した価値に賛同してくれ、ファンとして息の長いお付き合いをいただく「ロイヤル・カスタマー」を増やすために、全社員が一丸となって顧客活動を行う。



お蔭様で、来年20周年を迎える「営業マインド強化合宿」は、このシンプルな鉄則を幹部から若手の社員さんまで、徹底的に腹落ちしていただくプログラムです。
「営業」という冠がついていますが、目指すは「全社一丸営業体制の構築」ですから、営業以外の総務・経理・製造・品質保証・配送などの様々な部門からお越しになっています。
過去の平均値を見ると、営業部門が65%、営業外部門が35%の割合です。


例を挙げればキリがないのですが、
「貿易部門事務担当の若い女性スタッフが、これまでは事務的な連絡を事務的にこなしていたが、お客様にプラスαの気の利いた一言を言うようになり、他社の取引分までいただけるようになった」
「サブコンの現場作業を担当する職人さんが、元請けの所長から大変気に入られるようになり、常に次の現場の仕事をいただけるようになった」
「これまでお客様のクレームは営業担当の仕事だったが、即座に工場長や品質保証室長が飛んで行ってくれるようになり、受注量が50%アップした」
「配送担当者が、きちんと新商品のパンフレットを顧客の責任者の方にお渡しする様になって、営業担当者よりも多く受注するようになった」
「住宅営業で、既存顧客からのご紹介が激増して、年間受注の50%以上を占めるようになった」
など、枚挙に暇がありません。


目指すは「全社一丸営業体制の構築」です。
キーワードは、「皆で寄ってたかって、お客様に顔を向けた活動をする」です。
消費税アップが2017年4月までジャンプしたとは言え、来年はライバルとのシェア争いが熾烈を極めます。
全員攻撃を確立した企業の勝ちなのです。
「勝利の女神を微笑ます企業体質」を創りましょう!


【 営業マインド強化合宿 】
http://営業マインド.jp/
公式フェイスブック [Facebook]https://www.facebook.com/bizskilljp
2015年<年間計画でのご予約を受付中!コースごとの予定人数でお席を確保してください。>
1月コース 1月20日(火)~22日(木)
3月コース 3月21日(土)~23日(月)
5月コース 5月19日(火)~21日(木)
7月コース 7月7日(火)~9日(木)
9月コース 9月15日(火)~17日(木)
11月コース 11月10日(火)~12日(木)


2014.12.22.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
営業マインド強化合宿をはじめ、経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・新人研修・ビジネススキル研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「営業マインド強化合宿公式ページ」をご覧いただき、是非「いいね!」をお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ [URL] 
http://www.biz-skill.jp

タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ