ビジネススキル研究所公式ブログ

株式会社ビジネススキル研究所公式ブログ。鶴田 慎一 主宰。営業研修/ビジネス講演/社員教育/社員研修/方針発表会/各種講演に関する最新情報など。営業マインド強化合宿の情報も。公式Facebook

2019年02月

【 イメージトレーニング 】

「一月行く、二月は逃げる、三月去る」という言葉がありますが、時間の経つのは早いもので、もう三月に入ろうとしています。
ついちょっと前に正月が明けたと思ったら、一月は残り二十数日が慌しく過ぎて、二月になると二十八日しかありませんから、これは毎年実感するところです。
正に「光陰矢の如し」、光は日を表し、陰は月を表すことで、月日は飛んでいく矢のように戻ってくることはないという訳ですね。
時間を大切にして、有意義に過ごしたいものです。
特に有意義なのは、心と体が健全な時です。

しかしそんな中、花粉症の症状に苦しみ、飲み薬や塗り薬にマスクに眼鏡とフル装備でしか外出できない方も多くいらっしゃいます。
あとひと月ほどでスギ花粉から解放されるのでしょうが、次にはヒノキ花粉がやってきます。
重症の方は数か月間も苦しめられるのですから、本気で沖縄に移住することを考えている方もいるほどです。
私も数年前から、たまに目のかゆみや鼻水が出ることがありますが、「俺は花粉症ではない!」と言い張り続けています。

大相撲の春場所で再入幕を果たした豊ノ島(西前頭14枚目35歳)が、スポーツ報知の記事で「私は気持ちで花粉症を治した」というのがありました。
あまりにも症状が酷くて、人に相談したら「気持ちで治る」とアドバイスされたそうです。
その後、自分の脳に語り掛け続けて、花粉症を克服したとのことです。
過去、関取が幕下まで落ちて再入幕を果たしたのは、昭和以降では琴風、鳳凰に続き3人目の快挙ですから、この精神力たるもの尋常ではないですね。

ここ数日の東京は雨の日が多いので、花粉症の方は雨の鬱陶しさより、花粉の少なさに晴れやかな気分なのではないでしょうか。
せっかくですから、「治れ、花粉症!私の免疫力はお前などには負けない!」と、イメージトレーニングをしてみるのもいいのでは。

随分昔のことですが、太り過ぎていた私はメンタルスクリーンというイメージトレーニングで、体重を12キロほど落とすことに成功した経験があります。
頭の中に左右二つの画面をイメージして、まず左画面に「カロリーの高いものを飲み食いしながら、痩せられない自分をイメージして、いかんいかん、これを飲んだら高カロリー、これを食べたら高カロリー。」と言い聞かせながら、暫し反省するのです。
そして次に右の画面に、ダイエット成功でスリムになって体調も良くなった自分を描きます。
「うん、我ながらよくやった!偉い!体も軽いし、体調もいいぞ!」と仮想の成功に満足を感じながら、脳内にドーパミンを分泌させるのです。
自然に飲食に自己抑制が働くようになって、MAX94kgだった体重が82kgになったのですから、多少の説得力はあるでしょう。
今ではそこから10kg減の72kgをキープ、身長182cmですから上々です。

まず左画面に、まだ花粉症を克服できなくて苦しんでいる自分を描いて、「見ていろ、絶対に克服してやるからな。」と脳に働きかける。
次に右の画面に、見事に克服して爽やかな気分で大満足の自分を描いてみる。
藁をもすがるという方は、お試しになる価値有りかも。
「宗教は信じることから始まり、哲学は疑うことから始まる」と言いますが、洗脳でも何でもないものですから、現代医学を軽く哲学しながら、イメージトレーニングを軽く信じてみるのも手かもです。

ビジネスもマネジメントも、重い気分の中では良い結果が出せません。
春の足音が聞こえ始める時ですから、一層爽やかな気分をイメージトレーニングしてみましょう。
(この件につきまして、一切の責任は負いかねますが、成功事例は是非お知らせください。)


2019.2.28.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【 武士道精神 】

11月28日に、伝説のロックバンド・クイーンの映画「ボヘミアンラプソディー」について「後悔しない」と書いたのですが、何人もの方から「見て来たよ。凄く良かったよ。」とメッセージをいただきました。
共感いただきまして、ありがとうございます。
やはり情報や知識を何某かの行動に移して、自らの実感・感動とすることこそ実学の始まりだと思います。

また先日、「七つの会議」という映画を見ましたが、企業の隠ぺい体質をえぐるものとして描かれている秀作でした。
ただ一点だけ注文を付けるとしたら、「武士道精神は藩やお家を守るために、時にその過ちをも胸に秘めて耐えるようなニュアンス」を感じたことです。
私の「武士道」に対する見解は、「武士は常に主君・お家に命を捧げて、常に死に身で生きる」ということであり、それが「不惜身命」です。
しかし、それは決して犬死することを意味するものではなく、「胆惜身命」つまり「ここぞという命懸けの時まで、命を無駄にしないこと」と背中合わせなのです。
たとえ主君であろうと、「間違いは間違いとして正す」ことが武士の正義なのです。
その結果、腹を切ることになっても構わないという卓越した倫理観があるのです。

山本常朝の「葉隠(はがくれ)」の有名なフレーズ:「武士道とは死ぬことと見つけたり」は、その前提に立っているのです。
昨年末に脱稿した「寅次郎と慶親」は、まだ出版準備中ですが、今は「武士道精神」について書いています。
武士道精神黎明期から江戸末期にかけて、武士道は日本人の倫理観として確立し、「大和魂」を形作ってきました。
明治に入ってから徐々に衰退して、太平洋戦争では悪用された「武士道精神」ですが、時代に錯誤がある部分は修正するとしても、この伝統的価値観・倫理観を取り戻すべきであろうと思います。
執筆中の原稿には、山鹿素行・山本常朝・佐藤一斎・山岡鉄舟・勝海舟・西郷隆盛、そして明治32年に欧米人に日本の倫理観を知らしめるべく名著「武士道」を英語で著した新渡戸稲造の話で構成しています。
現代人が取り戻すべき倫理観に一石を投じるものになればと考えています。

レオパレス21の違法施工問題が連日報じられていますが、どう考えても確信犯です。
どんな企業であっても、不正の確信犯は市場から退場すべきです。
しかしながら、こんな引っ越しの最盛期に転居要請を受けている1万人以上の人たちや、多額の借金を抱えて不安な日々を過ごすアパート・オーナーなどのことを考えれば胸が痛みます。
この不正を知っていて何もしなかった幹部や社員には、武士道精神はないということです。
彼らも我が身を想えば辛いことではありましょうが、卑怯な真似はせず正義を貫くべきなのです。

また、くら寿司・ビッグエコー・すき屋・ドミノピザ・セブンイレブン・ファミリーマートなど、バイトテロがSNSで拡散して問題となっています。
仮にちょっとした悪戯心であったとしても、風評被害による売上ダウンやそれに伴う株価下落による時価総額の損失を考えれば、数十億の損失を生むことになります。
今のバイトがクビなら他を当たろうという話ではありません。
ネット上では本人の顔・所在地・出身校などが拡散しています。
人手不足とは言え、とんでもない馬鹿な人材を雇えばリスクだらけで、近いうちにアルバイトスタッフのブラックリストが共有されるようになるのではないでしょうか。
これから企業は、刑事・民事での法的措置を取り、多額の損害賠償を行うでしょうから、本人の将来にも大きなハンデキャップとなるでしょう。

日本人の倫理観が地に落ちたのは、学校教育・家庭教育の退廃がもたらせたものです。
今から子供たちの倫理教育を立て直すには、スリー・ジェネレーションもの時間を要すでしょう。
今すぐやることは、企業が価値観教育を徹底して、正しい人の道を歩む人材育成をすることです。
稼ぐためのテクニカル・スキルだけを教えていては、明日のリスク要因を生み出すことにもなるのです。
社会正義に照らして、今の自分の立場と力で何ができるかを思考する能力を磨くことです。
正しい価値観を共有する組織を創れば、業績創出力は格段に高くなるのです。

2019.2.12.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ