ビジネススキル研究所公式ブログ

株式会社ビジネススキル研究所公式ブログ。鶴田 慎一 主宰。営業研修/ビジネス講演/社員教育/社員研修/方針発表会/各種講演に関する最新情報など。営業マインド強化合宿の情報も。公式Facebook

【TQM(Total Quality Management)】

先週は営業マインド強化合宿3月コースを終え、届いたばかりの新しい愛車に乗ってすぐに顧問先の製造現場指導に向かい、どっぷりと現場に浸かっておりました。
今度の愛車は、ストレスなく加速する水平対向エンジンのパワーも大満足で、軽くアクセルを踏みこんだ時の唸るエンジンサウンドもとてもお気に入りです。
バケットシートの収まりも良くなかなか快適で、いつもの道が少しフレッシュな景色に見えて、長時間の運転もあまり苦痛ではありませんでした。


無題














さて、前述の顧問先は、「絶え間なくカイゼンし続ける力」が素晴らしく、「カイゼン、改善、またカイゼン」と永年継続して取り組んだ現場でのQCサークルの風土がしっかりと形成されて、いわゆるTQMに進化しています。
TQM=Total Quality Managementは、TQC=Total Quality Controlから歩を進め、経営戦略上の組織全体の品質管理目標に取り組むことで、日本語では総合的品質管理と呼ばれるものです。

QC・TQCという手法はアメリカ発のものですが、日本ではボトムアップ型の活動に独自に進化してきました。
本家のアメリカが、日本型TQCの特徴であるQCサークルの特徴を取り入れて、アメリカの企業風土に合うように逆輸入したトップダウン型の意思決定プロセスによる品質マネジメントを行う手法がTQMです。

また、QC・TQC・TQMというと「製造業の現場改善」だけが浮かぶという方も多いでしょうが、あらゆる業種・業態の企業が実践すべきテーマです。
TQMは、企業のトップが描いた経営戦略を、具体的に品質目標・顧客満足度目標にブレイクダウンして全社的展開にしていくことが重要です。
品質・コスト・デリバリー・サービスなど、顧客満足度を考えるならば、切っても切れないものですから、サービス業などでも是非取り入れたいものです。

単に流行りのように、色々な経営手法を取り入れる企業も多いのですが、足元を固める活動を定着させてこそ本物になるのです。
労働法制も、時間外労働60時間制限(繁忙期100時間未満)や、36協定の見直しなど、大きく変化しています。
仕事の「効果性アップ」「効率性アップ」「生産性アップ」「付加価値アップ」、社員の「モラルアップ」「モチベーションアップ」と、同時解決を迫られるテーマが山積しています。
是非、自社オリジナルのTotal Quality Managementを行い、しっかりと業績アップに繋げていただくように、強く導入をお勧めいたします。


さて、恒例の【営業マインド強化合宿】ですが、5月コースからは「ルートイン五反田」に会場変更になります。
また、ご派遣企業のご希望日程も様々であり、今年は開催日程の曜日も多様化することといたしました。
                    記
<2017年>(7月・9月日程変更しましたので、ご注意ください)
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン五反田
7月コース 7月11日(火)~13日(木) ルートイン五反田
9月コース 9月14日(木)~16日(土) ルートイン五反田
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン五反田
<2018年>
3月コース 3月14日(水)~16日(金) ルートイン五反田

http://営業マインド.jp/   http://www.biz-skill.jp
お申込みフォームからお送りいただくか、申込用紙にご記入の上、メール添付かFAX03-5820-2076までお送りいただければ幸いです。


知識や事務的なスキルは「教えて育てる」≪教育≫でいいでしょうが、『価値観』は「共に育つというスタンス」の≪共育≫で共感・共鳴を得ていくことが重要です。
社員が経営理念の下に一丸となって、お客様にしっかりと目も心も向けた活動こそが企業の生命線となります。

是非、今年も【営業マインド強化合宿】にご派遣賜り、社員のビジネスマインド・人生マインドの強化を推進していただきますようにお願い申し上げます。
Adultingな価値観に共感・共鳴・納得して、実践力を磨いていく内容にこだわり続けて、多くの企業人の皆様に賛同されてきました。

「営業」という冠が付いていますが、過去の参加者の3割以上が営業部門以外の方です。
全社一丸となって、顧客に賞賛される企業風土を創っていくためにも、是非とも多くの社員の皆さんにグッド・プラクティスを体験させてあげてください。

2017.3.16.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook]
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

政府・日銀が躍起になって取り組んでいるリフレーション(Reflation)政策も、そう簡単に健全なインフレに誘導することは困難ですね。
つい先日も仕事の道すがら飲料の自動販売機に目をやると、缶コーヒーが50円の表示でした。
リフレどころか、デフレ進行中です。

DSC_0109









タバコや日用品など色々な自動販売機がありますが、普及台数は500万台ほどです。
中でも最も多いのが飲料自販機で、全体の約51%ですが、じりじりと減少しています。
台数減少の主な要因は、飲料業界の再編による設備投資の見直しや、コンビニ・コーヒーとの競合による自販機売上額の減少、飲料メーカーの競合激化による自販機への投資意欲低迷も考えられます。

飲料メーカーとしては、定価販売ができる数少ない手段が自動販売機でしたから、かなり大きなターニングポイントを迎えている気がします。
今後は単なる価格競争のみならず、ベーシックバリュー(基本価値)のブラッシュアップを進め、一層厳しい環境対応への戦略再構築が必要でしょう。



昨年、K.S.さんという人が、「勤めていた会社を辞め、転職前に【営業マインド強化合宿】を受講したい」と、自ら研修に来てくれました。
彼はとても明るく聡明で、人当たりも良く、私が「君なら大丈夫だから、しっかりと自分磨きをしながら、新しい道を切り拓いていきなさいよ。」と言うと、彼は「先生、決まったらすぐに報告しますからね。」と明るく答えました。

つい先日、彼から電話があり、「大手飲料関係の会社に、たった今内定をもらいましたー。」
「おー、良かったなー!自販機関連は大変なこともあるだろうけど、徹底的に現場を知り、逞しく叩き上げて行けよー!」とアドバイス。

なんと彼は、面接の帰り道ですぐに電話をくれたのでした。

このアジリティ―(機敏さ)こそが、これからの彼の大きな武器になることでしょう。
すぐできることを一週間・一ヶ月と伸び伸びにしてしまう人も多い中、アジャイル・コンペティション(機敏な競争力)を持つ人は必ず伸びます。
これが人財に対する「時代の要求」なのです。



さて、表題の【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】ですが、3月コースまでは従来の「ルートイン東陽町」での開催ですが、ホテルの建替え工事に伴い、下記の通り日程及び会場変更を行いました。
ご派遣企業のご希望日程も様々であり、開催日程の曜日も多様化することといたしました。
                    記
<2017年>(7月・9月日程変更、ご注意ください)
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木) ルートイン東陽町
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン五反田
7月コース 7月11日(火)~13日(木) ルートイン五反田
9月コース 9月14日(木)~16日(土) ルートイン五反田
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン五反田
<2018年>
3月コース 3月14日(水)~16日(金) ルートイン五反田


http://営業マインド.jp/   
http://www.biz-skill.jp
お申込みフォームからお送りいただくか、申込用紙にご記入の上、メール添付かFAX03-5820-2076までお送りいただければ幸いです。

知識や事務的なスキルは「教えて育てる」≪教育≫でいいでしょうが、『価値観』は「共に育つというスタンス」の≪共育≫で共感・共鳴を得ていくことが重要です。
社員が経営理念の下に一丸となって、お客様にしっかりと目も心も向けた活動こそが企業の生命線となります。
是非、今年も【営業マインド強化合宿】にご派遣賜り、社員のビジネスマインド・人生マインドの強化を推進していただきますようにお願い申し上げます。

今年の「営業マインド強化合宿」は、3月コース 3月7日(火)~9日(木)からスタートです。
Adulting価値観に共感・共鳴・納得して、実践力を磨いていく内容にこだわり続けて、多くの企業人に賛同されてきましたので、是非とも社員の皆さんに受講のチャンスを与えてあげてください。
「営業」という冠が付いていますが、過去の参加者の3割以上が営業部門以外の方です。
受講前には、「何で工場長の俺がこんな研修を受けなきゃいけないんだ!」とふて腐れていた人も、半日も経たずに「社長から強く<行け>と言われた訳が解った!」というのは、よくあることです。
Adulting価値観・実践力を磨いていくための、グッド・プラクティスを体験させてあげてください。

2017.2.10.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook]
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

世界は、間もなくとなったトランプ大統領就任式に耳目が集まるところですが、就任演説の内容と即座に出されると思われる「大統領令」の内容がどんなものなのかによっては、世界の経済・景気の動向を左右するものであります。
様々な変化に対して、企業の環境適応力や環境適応力・進化創造力が問われるものです。
「破壊的戦略商品」創りへの熱望は、絶やしてはならないビジネス魂だと思います。


今朝の日経新聞で、いくつか興味深い記事があったのですが、その一つを挙げますと、『ご長寿に理由あり』というコラム。
訪日客を取り込む「12の神薬」というものがあると。
中国の口コミサイトで「日本に行ったら買うべき」という爆買い対象の大衆薬で、「龍角散」「熱さまシート」「サロンパス」が例示されていました。
コラムは、特に「サロンパス」にターゲティングされていましたが、江戸時代から伝わる「万金膏」という貼り薬が前身だそうです。

83年前に、久光製薬から売り出された「サロンパス」は、商品改良を重ねて、今では14種類のラインナップになっています。

今でも「サロンパス」の売上は、過去最高を更新し続けていると言いますから、顧客ニーズに寄り添い改善活動を続ける企業と社員の力を感じます。
正に「ご長寿商品」ですね。

今後、中国人の爆買いも徐々に減っていき、特にリピーターは買い物より「体験」や「文化」を求めていきます。
一時は旅行客が高級家電などを買って、大変そうにバスに運ぶ姿をよく見かけましたが、今では日本製家電はネットで買えば済む話。
どんな商品やサービスも現状に胡坐(あぐら)をかかずに、「ニーズ対応」と「ウオンツ開発」に努力をしていき、「成熟期」のものを「成長期」に引き戻していく企業努力が肝要であると思います。



ところで前回、昨年のイギリスの「Word of The Year」の【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】について書きましたが、もう一つのノミネート・ワードである【Adulting「責任ある大人らしい行動」】についても触れたいと思います。
「ADULT」(大人)という名詞に「ing」をつけて、新しい動詞を生み出したのですが、この言葉がオックスフォードの辞典に載るということは、「大人がやるべきこと」「大人が取るべき責任」「大人が果たすべき義務」をしっかり遂行できない大人が増えたということの裏返しではないでしょうか。

社会においても、組織内においても、ピーターパン・シンドローム(大人になれない症候群)が増えているということは、色々な企業から事例が耳に入ってきますが後述します。
ピーターパン・シンドロームとは、アメリカの心理学者ダン・カイリーが『ピーターパン症候群』(Peter Pan Syndrome)で著した「パーソナリティ障害」のことです。
パーソナリティは、心理学において「人格」を指しますが、「モノの見方」「反応の仕方」「考え方」「人との関わり方」「振る舞い方」などのその人らしさを形成している持続的なパターン。
厳密には、それによって「著しい苦痛」や「機能の障害」がある場合に、「パーソナリティ障害」となります。

ピーターパン・シンドロームは成人していても精神的に大人にならない男性を指す言葉ですが、軽度であれば、誰にでも多少は存在する問題であろうと思います。
「大人になれない」「大人になりたくない」「成長する事を拒む」男性、つまり男性に表れる特徴なのです。
言動が「子供っぽい」というのが代表的な特徴で、精神的・社会的・性的な部分で問題を起こし易いと言われます。
「ピーターパン」は人間的に未熟で、「ナルシスト」「自己中心的」「無責任」「反抗的」「依存的」「感情的」「ズルい」という水準に停滞してしまう大人。

つまり、価値観が「大人」でないから、「世間一般の常識」や「法律」「ルール」を守れず、社会に適応できず現実逃避をして「孤立」に陥ることも多いと言います。
「過保護」「マザコン」「苛め」「虐待」「ストレス」「束縛感」「孤立感」「劣等感」から症状が生まれるという説もあります。
「自己中心的」で「一般常識」や「ルール」を守れないから、そんな未熟な自分を許して、一部の特殊な趣向を持つ仲間や好き勝手なことに「人生の比重」を掛けてしまうことも多いのでしょう。


「中途採用で合格しても会社に来ない人」や、「一日だけ出勤して、何の連絡もなく来なくなる人」、自分の歓迎会に出席する際、「これは業務命令ですね。何時間の残業ですか?手当は出ますよね。」と上司に言ってのける新卒社員も。
また、歓迎会の鍋料理で、「僕は他人の箸の入った鍋は食べられません!」と言って、最初に自分の食べる分をテンコ盛りに確保してしまうという例もあります。

上司が、「お客様の接待も教えていかなきゃ。」と酒席に同伴させたら、お客様のグラスにビールを注ぐどころか、いきなりお店の人に「僕は飲みたくないので、ご飯の大をください!」と、、、。
お客様が、「まぁ君も一杯位はいけるんだろう。」と新人君のグラスにビールを注ごうとすると、グラスに手で蓋をして「僕、今日は飲みませんから。」と言い、上司は「心臓が止まるかと思った。」と私に訴えていました。

「パーソナリティ障害」の治癒については、医者に委ねるしかないでしょうが、軽度なピーターパンには『価値観共育』しかないでしょう。
否、ピーターパンでなくとも『価値観共育』こそが大事です。
『価値観』を磨くには、本人が【Adulting「大人的」】な話に共感・共鳴するしかないのです。
知識や事務的なスキルは「教えて育てる」≪教育≫でいいでしょうが、『価値観』は「共に育つというスタンス」の≪共育≫で共感・共鳴を得ていくことが重要なのです。

今年の「営業マインド強化合宿」は、3月コース 3月7日(火)~9日(木)からスタートです。
Adulting価値観に共感・共鳴・納得して、実践力を磨いていく内容にこだわり続けて、多くの企業人に賛同されてきましたので、是非とも社員の皆さんに受講のチャンスを与えてあげてください。
「営業」という冠が付いていますが、過去の参加者の3割以上が営業部門以外の方です。
受講前には、「何で工場長の俺がこんな研修を受けなきゃいけないんだ!」とふて腐れていた人も、半日も経たずに「社長から強く<行け>と言われた訳が解った!」というのは、よくあることです。
Adulting価値観・実践力を磨いていくための、グッド・プラクティスを体験させてあげてください。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2017年>
3月コース 3月7日(火)~9日(木) ルートイン東京東陽町
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン東京五反田(日程・会場変更)
7月コース 7月21日(金)~23日(日) ルートイン東京五反田(会場変更)
9月コース 9月15日(金)~17日(日) ルートイン東京五反田(会場変更)
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン東京五反田(会場変更)
まずはお電話でお問合せください!


2017.1.19.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

新年明けましておめでとうございます
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

【営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修)】は、3月コース 3月7日(火)~ 9日(木)ホテル・ルートイン東京東陽町で開催です。
是非ともご派遣のほど、お願いいたします。
また、5月コース以降は、会場をホテル・ルートイン五反田に会場変更いたしますので、宜しくお願いいたします。
DSC_0037









まず本年の最初は、「言葉」「流行語」の「社会的影響」についてです。
毎年次々と「新語」「流行語」が生まれますが、昨年の日本の新語・流行語大賞は、「神ってる」でした。
25年ぶりのプロ野球セントラルリーグ優勝を果たした広島東洋カープの緒方監督が、鈴木誠也外野手の神がかった活躍を称えた一語です。
他にも「ポケモンGO」(■【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】 (2016/08/31)の書き込みをご参照ください)や、豊洲新市場の「盛り土」、「トランプ現象」「PPAP」などがノミネートされました。


「言葉」はいつの時代も世相を反映しているもので、偶然の産物もありますし、狙い撃ちの如く意図的に誕生させる「言葉」もあります。
「流行」というのは、「新しさ」や「差別化」「差異化」に乗っからなければ不安を感じるという大衆心理によって生まれているという側面もあります。

「流行」と「プロダクト・ライフサイクル」(以下、P.L.C.)とはよく似ていて、
≪潜在期≫:P.L.C.では、新規事業や新製品・新技術などの「研究開発期」
≪発生期≫:P.L.C.では、試行過程を経てからの「市場導入期」で、「新しいモノやコト」の存在が人々に知られはじめ、最初に飛びつくのが「イノベーター」
≪成長期≫:P.L.C.では、「市場成長期」であり、「新しいモノやコト」の存在に同調する人々の数が一気に増加して、普及率が拡大していく時期
≪成熟期≫:P.L.C.でも「市場成熟期」で、普及は天井を打ち、伸びは鈍化していく時期で、出遅れた大衆によって市場の横ばいが支えられます
≪衰退期≫:P.L.C.でも「衰退期」で、末期採用者以上に採用をやめる人の数が増えていき、「新しいモノやコト」は「古きモノやコト」になり、モノによってはジリジリと、モノによっては一気に衰退してしまう時期
≪消滅期≫:誰からも相手にされなくなって、消えてしまう時期


つまり、「死語」となる言葉も多く、
昔「アベック」⇒今は≪カップル≫
昔「乳母車」⇒今は≪ベビーカー≫
昔「パーマ屋」⇒今は≪美容室≫
などが上位で、他にもたくさんあります。
私、たまに使ってしまうかも、、、心当たりのある方は、私とご同輩ですね。

ところで、ウチの事務所のすぐ近くの外神田には、何と「メイドヘアサロン」なるものも誕生していました。
ネットを見てみると、「旦那様、お嬢様のご帰宅をお待ちしております!」というフレーズが、、、オジサンはついていけない、、。
ま、メイドはまだ健在ということでしょうか。



さて、タイトルの『POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代』ですが、イギリスの流行語は、「オックスフォード大学出版局」の辞典部門が毎年11月に「Word of The Year」を発表しています。
昨年は『POST-TRUTH』(ポスト真実)だったのです。
『POST』は「〜の後」、『TRUTH』は「真実」を意味しますが、「客観的な事実が重視されず、感情的な訴えが政治的に影響を与える状況」とのことです。
巷には人の数だけ「事実」が存在しますが、「事実」を「真実」と思い込んでしまうと、感情に流される社会が形成され、政治も経済も不安定な時代になります。

2016年の代表的『POST-TRUTH』の事象は、「イギリスのEU離脱」に始まり、そして11月の「アメリカ大統領選のドナルド・トランプ氏勝利」。
イギリス人のみならず、世界が「感情的ファクターが政治的に大きな影響を与える」ということを強く感じた出来事でした。
希望を失いかけている市民が、「真実」を見ることをやめて、「事実」にも「時代遅れ」と言い、自分の「感情」を重要視して、世の中を痛烈に批判するヤケクソ的な政治ファクターを感じます。

それもまた「事実」ではありますが、その後に出現する「真実」に愕然としなければいいのですが、、、。
断言を繰り返し、事実に基づく意見・反論を無視して、事実が歪められていくことが、インターネット・SNSによって急激に拡散するという今日的な課題が生まれています。
心眼を見開いて、時代を見ていく必要があります。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。


公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2017年>
3月コース 3月7日(火)~ 9日(木) ルートイン東陽町
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン五反田(日程・会場変更)
7月コース 7月21日(金)~23日(日) ルートイン五反田(会場変更)
9月コース 9月15日(金)~17日(日) ルートイン五反田(会場変更)
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン五反田(会場変更)
まずはお電話でお問合せください!


2017.1.6.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

人間、生まれ持った運、云わば「天運」というものがあります。
これは努力の領域を超えたもので、誰しも一生涯「ツキっ放し」も「ツキに見放されっ放し」もないと思います。
「ツキ」とは人生の中で起こる「ラッキーな偶然」であり、「統計学的な一瞬のハマリ」とも言えます。

しかし、「ツキを呼び寄せるような生き方」もあるのだと思います。
言わば「人運」、「感性」「人間性」「人間関係力」を高めていくことで、ツキを高め合う人との出逢いが生まれるような気がしますし、その出逢いを大切にしていくことが、自分の運を高める生き方になるのだと思います。

「感性」とは、「感じる力」というよりも「生命力」に等しいと思います。
鈍感はいけません。「ツキ」から見放されること必至だと思うのです。

「感性」「生命力」を高めるには、「マメ」であることで、私がいつも言うのは【マメ3原則】で、「気が付く」「気が利く」「気に留める」です。

そして、何かに「気が付く」と、最善の「気が利く対応」を即考えて、即行動に移す。
その経験値を積み上げ続けて、人様のお役に立てる人間であり続けたいと常に心に留め置くのです。
仕事ができる人ほど「マメ」で、そして「アジャイル(機敏)」なのです。

最近、小さな「ツキ」を感じることがいくつかあって、しょっちゅう「おー、ツイてるなー!」と口に出しています。
勿論、ムリムリに言っていることもありますが、それはいつも私が言っている「ムリポジ(ムリムリ・ポジティブ)」で、「よし、結果が最悪でないとしたら、やっぱりツイてるなー!」ということになります。



そんなことを考えていたら、25年ほど前に書いた原稿のことを思い出しました。
題して、【「ツキ」のメカニズム】です。
ちょっと掻い摘んで書きますと、

Ⅰ.プラス発想型人間
あらゆることを「良い方」に考え、常に「感謝」することを忘れず、「良いこと・良くなること」を想像し、プラスに発想して、「自分はツイている」と思えること。

Ⅱ.素直・肯定型人間
過去の経験や知識だけで物事を決めつけたりせず、どんなことも一度は素直に受け入れ、無暗に人の意見を否定したり、嘲笑したりしないこと。

Ⅲ.勉強好き、挑戦好き、セルフ・モチベート型人間
新しいことへのチャレンジ、未知の分野を知ること、「知識欲」だけでなく「知恵を養う」ことで、自らの「ヤル気」に動機づけをしていくこと。

Ⅳ.明るく謙虚で、威張らない人間
人柄が謙虚で温厚いつもニコニコ、誰に対しても威張らないし、差別意識がないこと。

Ⅴ.長所伸展型人間
他人の短所ばかりに目が行かず、批判・否定・非難はほとんどしない。
反対にいつも他人の長所にすぐ気づく目を養う。
そして、自分や他人の長所を伸ばすことに全力を尽くしていくこと。

Ⅵ.自助・自責型人間
部下や他人に任さねばならないことや、任せた方が良いことは任せるが、リスクや責任は自分で被る。何事も決して「他人のせい」にしない。
自己犠牲を厭わず、他人を当てにしないで、「自助」と「自責」を常に前提として、他助に喜びを感じていくこと。

Ⅶ.辛抱・執念型人間
喜んで苦労をすることは難しいが、少なくとも耐えることをあまり苦にしないで、目標を定めたら、達成できるまで、執念を持ってくじけず、アタックを続けること。

Ⅷ.着実・バランス判断型人間
絶えずマクロな判断力で、「森」を見てから「木」を見て、「枝」「葉」に移るバランスある判断をする。
感情の安定と、自己制御心も持ち、同時に着実な実行力を磨くこと。

Ⅸ.強気・負けん気・思いやり型人間
人との関係において、二十代末までは強気で生き、三十代から四十代前半にかけては強気・負けん気をミックスして生き、四十代後半以降は、強気・負けん気に思いやりもミックスして生きること。

Ⅹ.秩序維持型自由人
本来、自由が好きで統制や管理は大嫌いだが、約束したことや秩序維持のために必要と判断したことは必ず守るという高教養人の特性を持つ。



面白いことに、この「つく」特性を多く持っている人ほど、人相が良く、明るく、しかも温かいと感じます。
私もこの年になって、まだまだ人生という「自分磨きの旅」に邁進していきたいと思っています。

「まだまだダメだ」とか、「もうダメだ」とか、「自分には無理だ」などと言わずに、「ツキ」のメカニズムを手に入れていきましょう。

「忘年会」は「望年会」と書き、「新年会」は「信念固めの会」に変えてもいいですよね。
どんどんポジティブにリフレームしていきましょう!
いよいよ年の瀬ですが、2017年をもっともっとチャレンジングで、エキサイティングな年にしていきましょう!



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木) ルートイン東陽町
5月コース 5月12日(金)~14日(日) ルートイン五反田(日程・会場変更)
7月コース 7月21日(金)~23日(日) ルートイン五反田(会場変更)
9月コース 9月15日(金)~17日(日) ルートイン五反田(会場変更)
11月コース 11月17日(金)~19日(日) ルートイン五反田(会場変更)
まずはお電話でお問合せください!

2016.12.8.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

先月、数社の介護関連企業が合同で、3日間の「介護ビジネス・現場活性化合宿」を行いました。
経営者はじめ幹部・管理職・スタッフも、これからの「少子超高齢社会」に対する問題意識と使命感が強い方が多くて、とても活発な議論を展開した合宿研修となりました。


「少子超高齢社会」=「少産多死化社会」です。
つまり、子供の数は少なくなり、将来の日本を支えてくれる人たちの人口が少なくなり続け、亡くなる人の数はどんどん増えていくということですから、日本人の人口は急激に減り続けていくことになります。

社会全体で超高齢社会を支えていくのが、困難な時代が訪れていることから、「2018年問題」 ---- つまり、国が医療・介護などの社会保障費を抑制する方向で検討がなされています。
そして続いて、「2025年問題」 ---- つまり、日本の人口の大きなボリュームゾーンである「団塊の世代」の方々が、満75歳以上の後期高齢者となります。

2010年に11・1%だった「75歳以上人口の割合」=「後期高齢化率」は、25年には18・1%に急上昇します。
ちなみに2025年の高齢者人口は3,657万人、高齢化率(満65歳以上の割合)は30.3%となりますから、社会システムも国の財政も深刻な状況です。

そんな中、2016年1-9月期で老人福祉・介護事業者の倒産数は77件で、過去最多だった昨年の倒産数を既に上回っている状況です。
福祉・介護事業の中で、増収増益企業の割合が30.8%、減収減益企業の割合も同じく30.8%です。

これは福祉・介護事業の世界にも明らかに「大競争時代」「大淘汰時代」が訪れていることを意味し、勝ち組・負け組の二極化が鮮明になっていることも意味するものであると思います。
老人福祉・介護事業者としての仕事の誇り、介護に携わる思想・哲学・価値観の共有こそ「大競争・大淘汰時代」を勝ち抜くバックボーンとなるでしょう。


「同業他社との競合激化」や「離職率の高さ」、「慢性的人手不足」への対策を考えるという課題も、主要な研修コンテンツの一つとして議論しました。
福祉・介護事業者の「思想・哲学・価値観」を磨き上げて、「シニアの皆さんの望み・悩み」にしっかりと向き合うことで、お役立ちを創造することができるのです。

少し例を挙げると、「少し体力が落ちた」とか「体に不具合や病を抱えている」といったシニアの方も、「たまには旅行に行きたいものだ」という願望をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

当然、裏腹に「健康や病気への不安」も同居しているものです。
日本人の平均寿命は男性が80.79歳、女性は87.05歳で、健康寿命は男性が70・42歳、女性は73・62歳(厚労省算出)です。
平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味しますから、亡くなるまでのかなりの期間を不健康で日常生活に制限を受けながら生きていくことになります。
要介護にならないためのアイデアや予防措置も、医療をはじめ福祉・介護事業者の仕事として考えていく必要があります。



毎日のように高齢者による交通事故が報道されて、「老化による判断力や認知能力低下」の問題も切実になっています。
「判断力認定」などの策を講じなければ、高齢者による交通事故は増加の一途を辿ることになります。
しかし、車がなければ不便で、なかなか免許の返納をしないお年寄りも多く、国や自治体が免許の返納をしたご高齢者に公共交通機関の無料化や、タクシー代の助成などを強力に推し進めていく必要があるでしょう。
交通事故のみならず、高齢者による万引きの増加などもあり、社会としての課題は山積です。


その他にも、「老後資金」「趣味や知識を共有する友人」「運動する機会」「自宅の改修」「遺言の準備」「自分の死後の配偶者の生活に対する心配」「自分の介護での家族の介護疲れ」「自宅の防犯対策」「看取り介護」「自分の終末期や葬儀」「子供の自立への不安」など、「少子超高齢社会」となった日本は「悩み大国」でもあります。

誰もが確実にいつか行く道です。
奇しくも今日は坂本竜馬の誕生日であり、命日でもあります。
幕末の志士のようにとは言わないまでも、社会全体で真剣に考える時が来ています。


【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。


名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
11月コース 11月17日(木)~19日(土)
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木)
5月コース 5月16 日(火)~ 18日(木)
まずはお電話でお問合せください!


2016.11.15.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【「国家元首」】

凄くご無沙汰の「新着」になってしまいましたが、今月は「今日は書くぞ!」と思った日に必ず急な仕事が入るということの連続でした。
「放っておけないから、スケジュール変更!」ということが、ひと月にこんなにたくさん起きたのは初めてかも。

ところで、少し前の写真ですが、一緒にラウンドを廻っていた顧問先のT社長がこっそり撮って、送ってくれたものです。(偶然にも今日はT社長の誕生日です。おめでとう!)

ゴルフ





あわや池ポチャのミスショットで、前上がりの深いラフ。
リカバリーショットを無謀にも18度のユーティリティを選択したのですが、奇跡的にギャンブルショットは、170ヤード先のフェアウェイに出せました。
それより何より、5キロ減量してスリムになった姿を見てほしくて!
また3ヶ月も全くクラブに触れていない日々、健康のためにもそろそろ山に芝刈りに行きたいものです。



さて、アメリカではいよいよ大統領選も大詰めですが、趨勢はヒラリー・クリントンの勝利で決まりでしょう。
まるで不人気投票の様相を呈している大統領選ですが、どちらが酷いかというと、それは間違いなくトランプでしょう。
アラブの春のような気分でトランプ派になっている人もいるのでしょうが、大事な国の元首を決める選挙に、どちらが嫌いかという事態になっているのは些か愚かな気もします。

成熟した資本主義国の悩める病は、先進国病です。
出生率低下で少子高齢社会、それに伴う社会保障費の膨張と産業の空洞化による失業率の上昇など、経済は低成長が続き、国全体に元気がなくなるという厄介なものです。
その問題の打開のためにトランプに賭けるという気分で、とうとう共和党の候補になってしまったのでしょうが、選挙を目前にしてセクハラ問題のみならず、やっと冷静に「ポーカーゲームじゃあるまいし、トランプじゃないよね、、、」となってきたのでしょうか。

どちらの候補が勝っても、ドル安誘導に進むのは違いはないし、選挙後の世界経済への影響はまだまだ未知数です。
大きな景気変動要因とならないことを祈ります。



また、国家元首といえば、議院内閣制の国では元首と首相は区別されていることが多く、日本では天皇が国家元首で安倍総理が首相。(厳密には、天皇が実務上・儀礼上の国家元首として取り扱われていますが、日本国憲法には元首の明文規定はないので、日本の国家元首については学説上の議論が残るところです。)
大統領制国家や独裁国家では、首相を置かず、大統領や独裁者が政府を直接統治していることもあります。

興味深いのは、様々な国の国家元首が同一人物であるということです。
「アンティグア・バーブーダ」「オーストラリア」「カナダ」「クック諸島」「グレナダ」「ジャマイカ」「セントクリストファー・ネイビス」「セントビンセント・グレナディーン」「セントルシア」「ソロモン諸島」「ツバル」「ニュージーランド」「バハマ」「パプアニューギニア」「バルバドス」「ベリーズ」という国々では、今尚、イギリスのエリザベス女王(実名はElizabeth Alexandra Mary)が国家元首です。
今でもイギリスとその植民地・海外領土などの総称:イギリス帝国(British Empire)=大英帝国の世界への影響力が健在ということですね。

天皇陛下の生前退位問題も検討されていますが、「この世に人間の姿で現れた神」を意味する「現人神」だった時代は去り、戦後に「人間宣言」されているのですから、生前退位を認めるための皇室典範の改正をすべきだと思います。(あくまでも個人的見解です)

さて、「営業マインド強化合宿」年内の最終コースは、11月コース 11月17日(木)~19日(土)です。
ビジネス人生をより良く生きて、会社にもっと業績貢献していくために、様々な本質を学び合う場として、私のライフワークとして取り組んできた研修です。
まだ間に合いますので、是非ともご派遣をお願いします。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。


公式フェイスブック [Facebook] 
https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
11月コース 11月17日(木)~19日(土)
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木)
5月コース 5月16 日(火)~ 18日(木)
まずはお電話でお問合せください!


2016.10.28.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝

経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【『脳の休息』=『頭や心のオンオフ切り替え』】

このところ日本列島各地で水害に見舞われていますが、台風16号によって大きな危機になっています。
台風接近というと、台風の規模や進路に注意はするものの、近づいてくるまでは「まだ大丈夫」と考えてしまう人もいると思います。
特に今回は、台風+秋雨前線+太平洋高気圧+大陸高気圧という悪い条件が揃った状況ですから、全国で大変な雨量となることが危惧されています。
まずは「安全の確保」が最優先課題ですので、自分のことは言うまでもなく、周囲の方々にもくれぐれもご無理をなさらないように、気を配っていただければと思います。



さて、このところ研修や企業内の現場指導、マーケティング戦略の策定など、かなり頭がよじれるほど脳ミソを酷使していました。
そんな時ほど、「頭や心のオンオフ・スイッチの切り替え」が大事ですので、隙間時間を作りながら、シネコンの上映スケジュールと上映時間を調べて、「切実に観たいわけではないけど、まぁ観てみるかー」と気楽にネット予約。
これから観るという人のために、詳しくは書きませんが、ちょっとだけ内容に触れてみたいと思います。


この一ヶ月間で観たものは、『後妻業の女』『シン・ゴジラ』『超高速!参勤交代リターンズ』の3本。
『後妻業の女』は、高齢者をターゲットにした結婚相談所(豊川悦司が主催者役)のパーティで、可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちは騙され放題。
小夜子は相手が早く亡くなるために知恵を絞り、全財産を相続して主催者と山分けするのです。
高齢化率27%を超え、これからも40%に向かい続けると言われる日本社会において、増え続けていく犯罪であると思います。
お年寄りの孤独感や、高齢になってからの恋愛や性について、娯楽映画の中にも問題提起を感じさせるものでした。



また、『シン・ゴジラ』ですが、第1作の『ゴジラ』は1954年公開ですから、私が生まれる数年前の作品。
現在までに、国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画の一つである「ゴジラ」。
2014年にはハリウッド版『GODZILLA』が全世界で興行収入570億円以上という大ヒットを記録したのは記憶に新しいところです。
日本発の「ゴジラ」は、世界の「GODZILLA」となり、今や「キングオブモンスター」と呼ばれるほどの存在です。
そして今回、完全新作のオリジナル脚本で「日本版ゴジラ」が復活しました。
一見、子供向けの娯楽怪獣映画と思われる方もいるかも知れませんが、この作品の中には「核の問題」や「政治の意思決定システム」、「目前に危機が迫った時の、瞬時に判断するPrioritizing(優先順位をつけること)」「業務ミッションに向かう姿」が散りばめられていて、大人の映画です。
意外だったのは、狂言方和泉流の能楽師である野村萬斎の役どころ。
「あ、そういうことだったのか」という感じです。(解らないかも知れませんが、知ると「なるほど!」という感じです。)



そして、『超高速!参勤交代リターンズ』は、前作を観ていたので「娯楽に徹することは想定済み」でした。
ちょうど昨日、脳ミソの疲れがピークに達していたため、とにかく頭のクールダウンをしたくて、「娯楽モノ」を選定。
江戸時代、各藩に厳しい負担を強いた参勤交代を、より厳しいシチュエーションで描いた前作に、またもや大問題を突きつけたもの。
そもそも参勤交代とは、大名の規模に応じた大行列を仕立てて江戸入りするのが「参勤」。
江戸から各藩に帰るのが「交代」で、合せて「参勤交代」と呼ぶものです。
つまり、前作が「参勤」で、今回の「リターンズ」で「交代」。
とにかく、あまりシリアスでなく気楽に笑って観ることができるところが、「オンオフ・スイッチの切り替え」には程よい感じです。



このところ、映画館の中もかなり高齢化を感じることが多くて、観客の笑い声の「高齢化率」は既に40%に達しているような感じです。
少子超高齢社会において、お年寄りがどんどんアクティブになって、活性化に貢献していただくことは、日本経済活性化の観点からもありがたいことです。(かく言う私も、そのうちに行く道ですが、、)

健康や老化抑止の観点でも、「外出」「人との関わり」「笑い」はとてもいいものですし、「せっかく出掛けたから、何か美味しいものを食べよう」と五感に刺激を与え続けていただきたいものです。
あ、そうそう、今日は「敬老の日」です。
これまでの日本を支えてくださった先輩方に、大いなる敬意と感謝の念を贈りましょう。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
11月コース 11月17日(木)~19日(土)
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木)
5月コース 5月16 日(火)~ 18日(木)
まずはお電話でお問合せください!


2016.9.19.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】

米国、オーストラリア、ニュージーランドの3ヶ国で7月6日にサービスが開始された「Pokemon GO」ですが、開始から1週間も経たずに早くも社会現象化。(社会問題化した部分や、副産物での貢献もありますが、、)
7月22日、「ポケモンGO」がいよいよ日本上陸しました。
いきなり世界中でブームを引き起こして、ギネス・ワールド・レコーズの世界新記録を5項目も達成してしまいました。

このモンスターの破壊力は凄いですね。

念の為、5つの世界記録とは、
① 配信から1ヶ月のダウンロード数最多記録
② 過去最速の売上高1億ドル達成
③ 最初の1ヶ月の売上高が過去最高
④ 最初の1ヶ月の売上高で、同時にトップを獲得した国と地域の数が過去最高
⑤ 最初の1ヶ月間でダウンロード人気ランキングで、同時にトップを獲得した国と地域の数が過去最高
その上、1ヶ月の売上高が2億650万ドル超と、どれを取ってもモバイルゲーム界に出現したモンスターです。

マーケティングを生業としている私としては、報道などではこのモンスターは理解できないと、日本上陸後すぐにダウンロードしてアプリを起動。
顧問先の社長と一杯やりながら、初級編を教わり、移動の合間や散歩の途中で試しているうちに、今やステージ21に。
我々が本来持っている狩猟本能や、全部のモンスターを集めてみたいというコレクティング欲求、ポイント獲得や敵との闘いに勝つという様々な欲求に対する仕掛けがなされていますから、タウンウオッチングをしていても、もはや町はポケモン一色の感があります。

「ポケモンGO」が日本上陸して以降、街を歩く人の風景、特に公園などの様子は一変しました。
昼となく夜となく、平日も土日祭日も、ポケモン探しに興じるプレーヤーがいたるところにいます。
スポットはすぐにツイッターなどで共有され、夜には数人しか見かけなかった公園などでも、1000人を超える人が溢れています。

「ポケモンGO」を知らないとか、やらないという人から見れば、この光景は気味が悪いと感じたり、迷惑・危険・事故も激増していることも事実です。

しかし、自閉症の子供や引き籠りの子の、外へ向かったり、他人とのコミュニケーションを取り始めたりという副産物も生まれているようです。
ポケモンの種類や、属性、その出現場所掴まえ方やバトル方法など、ある種のアルゴリズムが形成されることによって、脳への刺激も多くなるように思います。

多くの人々を一気に外へと連れ出した威力を、ビジネスや地方の活性化に活かそうとする動きも広がり続けています。
「ポケモンGO」が生んだ新たなマーケティングのアイデアが、多くの企業や自治体の集客戦略に多大な影響を及ぼすことでしょう。
もはや、「たかがゲーム」などとは言っていられない、前代未聞の革命的な影響力を持ったアプリです。

一時のファッズ(ブーム=大波)なのか、それともこれからも同様のアプリが続々登場すると考えれば、巨大なトレンド(潮流)が流れ始めたことになります。
地方と都心との有利不利は、リアルの経済の中では歴然でしょう。
しかし、バーチャルの世界ではアイデア次第というところですから、集客の起爆剤としての活用を探る企業や自治体が、激増していることも確かです。

これだけ「人を動かす力」があるとなれば、企業や自治体が一斉に期待を寄せるのも当然でしょう。

しかし、様々な新しい手法・手段を活用しながらも、本来の事業強化を徹底しなければ、本末転倒になってしまうこともあります。
「企業ドメイン」「戦略ドメイン」「事業ドメイン」をしっかりと磨き上げて、自社が「どのような領域を対象に事業活動をしていくか」を明確にしなければなりません。
ドメイン=生存領域は、自社の戦う場所・マーケットを自ら決めるということから始まります。
生存領域そのものに、どんな戦略設定をしていくのか、マーケティングミクスを研ぎ澄ませていきましょう。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修で、ビジネス人生を楽しみながら、成果を出していけるビジネススキルを体得していただきます。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp
<2016年>
9月コース 9月13日(火)~15日(木)
11月コース 11月17日(木)~19日(土)
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木)
まずはお電話でお問合せください!

2016.8.31.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

【『お役立ち精神』】

今月の初めに、久々に友人の別荘がある長野県の中川村に行ってきました。
どうせ行くならということで、前日入りして、高原のゴルフ場でゴルフをやってから、「アゲイン」というエスニックの店でビールと旨い料理を満喫。
お店のテラス席からの眺めがこれ。最高です。

DSC_0033










その後、中川村の「ドンチャン祭り」に向かい、ハイライトの花火大会は、打ち上げ場所の真下から観たのですが、ちょうど風向きの加減もあって、上空で爆発した花火の破片も降ってくるという未体験の大迫力でした。
その後二夜連続で、友人の別荘で囲炉裏を囲み、充実・凝縮の時でした。
しかし、18人は座れる大きな囲炉裏に、業務用キッチン、業務用生ビールサーバー、棚にはお酒のボトルがずらりと並び、まるでお店のような囲炉裏部屋です。
仲間たちとの楽しい会話とお酒、そのために増築して作ったという、彼の思想・価値観が素晴らしい。
そう言えば、前回行った時に、私が山で見つけた小さな山椒の木を、囲炉裏部屋の外に植えていたのですが、大きく育っていてビックリでした。
DSC_0032































話は変わって、先日茅場町の駅で、向かいのホームに目をやると、白丈を持ったお年寄りに駅員が腕を貸して案内をしていました。
ふと、こちら側のホームで横を見ると、折り畳み式のスロープを持った駅員さんが、到着する電車から車椅子の方をエスコートするために待っていました。
電車が到着すると、駅員さんは速やかに車両とホームの間にスロープを設置して、車椅子を押して改札に向かいました。
とても優しい光景を見て、心が洗われた気分でした。

駅や施設などでの対応は随分優しくなったし、世の中のダイバーシティ化も進んできています。
しかし、まだまだ社会全体がしっかりとした認識の共有をしなければ、ホスピタリティに満ち溢れた日本にはならないでしょう。
諸外国の人が、「少し、体にハンデキャップがあるけど、日本なら大丈夫だから旅に行こう。」と思える位になれば、観光立国も進展していくことでしょう。


設備などのハードの充実もさることながら、我々一人一人のジェントル・ハートが、世界の人たちに「日本への憧れ」を抱かせるものだと思います。
以前、新橋の駅中で、道に迷っていた若い女性に、迷いなく「メイ アイ ヘルプ ユー?」と声を掛けました。
彼女は香港から来たそうで、ゆりかもめで彼氏の待つホテルに向かうというのですが、出口が工事中で閉鎖されていて、どこから乗り換えればいいのか困っていました。

彼女はとても大きなトランクを持っていたので、私がトランクを持ってあげて、ゆりかもめの改札に向かったのですが、出口が閉鎖中だったため大回りして、しかもその重いトランクを持って階段を上がりましたから、軽く筋肉痛になりました。
別れ際の彼女の感謝の言葉と、キュートな笑顔が印象的で、私は「人助けができて、その上、ウエイト・トレーニングができた」と納得。

とは言いながら、気持ちが通じなくてがっかりしたことも、、。
先日、散歩の途中で、立ち止まって地図を見ながら困っていた様子の北欧系と思しき女性に声を掛けたら、「〇〇ホテルを探している」と言います。
そのホテルは、私が知る限りその付近にはないと思い、「ちょっと待って、スマホで探すから。」と言って検索していたら、彼女はいきなり「もういい!」と言って立ち去ってしまいました。
「あらら、調べていたのに、気が短い人だなー。」と少々落胆しましたが、それはそれ。
社会全体が、人種も言葉もハンデキャップも全てを乗り越えて、ほんの小さなことでも「お役立ち精神」を発揮していけるようになりたいものです。



【 営業マインド強化合宿(2泊3日合宿研修) 】 http://営業マインド.jp/
「お役立ち精神」満載の研修です。
社会やクライアントに向けて、「商品や技術・サービスを売る」ということの根底の価値観を共有して、卓越した営業力・説得力を磨き上げて頂きますので、是非ご派遣・ご見学をお待ちしております。

名ばかりの「顧客第一主義」を看板に掲げていても、一流の『ビジョナリー・マネジメント』を行うことはできませんし、企業の文化は形成されていきません。
その一番大事なところを共通認識として、正義を守りながら逞しく稼ぐという「思想」「価値観」「考働指針」「具体策」を持ち帰っていただくために、是非ともご活用ください。

公式フェイスブック [Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

<2016年>
9月コース 9月13日(火)~15日(木)
11月コース 11月17日(木)~19日(土)
<2017年>
3月コース 3月7 日(火)~ 9日(木)
まずはお電話でお問合せください!


2016.8.16.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

私のフェイスブックの「友達リクエスト」、「営業マインド強化合宿公式ページ」の「いいね!」も是非ともお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
営業マインド強化合宿ホームページ [URL] http://営業マインド.jp
株式会社 ビジネススキル研究所 ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
[鶴田 慎一 Facebook] https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp

タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ